読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成生まれの昭和好きブログ。

生まれが平成であるという以外は全部昭和でできている。特に好きなアーティストは光GENJI、中森明菜、井上陽水、西城秀樹、德永英明…挙げ切れない!言い尽くせない思いと今も息づく昭和な曲、場所やグッズをどんどん載せていきます。

竹内まりや『元気を出して』

こんにちは!

今日、4月6日は何の日かといいますと……

山下達郎さんと竹内まりやさんの結婚記念日なのです!

おめでとう〜〜!!!\(^o^)/


と、いうことでお二人で手がけた曲の中から一つを選択しました。


1984年2月14日リリースの

「元気を出して」。

私は最初、竹内まりやさん自身の曲だと思っていたのですが、

もともとは84年に薬師丸ひろ子さんに歌ってもらうために書き下ろした曲だったんですね。


その後、1988年11月28日にまりやさんがセルフカバーを出しており、

その後も島谷ひとみさん、徳永英明さん、JUJUさん、福山雅治さんなど多数の著名な歌手にカバーされているザ・名曲です!


もちろん作詞作曲は竹内まりやさんで、

まりやさんバージョンの編曲を山下達郎さんが行なっています。


本当は、お二人の結婚記念日なので、達郎さんがまりやさんの曲の中で一番好き、と言っている

純愛ラプソディ

について書こうかと思ったんですが…

個人的な『元気を出して』への強い思い入れによってこちらになりましたww



この曲は、私が学生時代に2年と少し付き合っていた彼と別れた時に聴きまくってました(笑)


暴言の激しかった彼とこれ以上付き合っていられない、と判断して

自ら別れを告げたのですが、

それでも学生時代の2年は長かった。大事な時間を失いました。


交際期間でかなり痩せましたし、一人の人に執着してしまったこと、行動などが彼のいいなりになってしまったことから友人も減りました。まあいろいろと最悪でした(笑)


その失ったものの大きさを悔やんで、悔やんで、、、そんなとき聴いていた曲です。


終わりを告げた恋にすがっていたわけではないけど、

自分への悔しさや情けなさの苦しみからすごく救われました。


とくに、「少し痩せた〜」「あなたの小さな〜」の部分は、自分に当てはめて浸りまくってましたねwwwキモいぐらいにww


そんな私にとって思い出の歌なのですが、

歌詞だけでなくもちろん曲も素晴らしいです!



特筆すべきは3点。

①美しいコード進行!

②哀愁漂う間奏のオルガン!

薬師丸ひろ子の澄んだコーラス!


①美しいコード進行!

この曲は何と言ってもコード進行が素晴らしい。

とくにBメロ(「終わりを告げた恋に〜振り返る」等)ですね。

安心するコードと不安になるコードが交互にやってくるような構成になっています。


切ない、けど大丈夫、

しんどい、だけど前を向く。

っていう、コード設定に込められたメッセージが聞こえてくる気がします。

本当にこのコード進行大好きです。



②哀愁漂う間奏のオルガン!

続きまして間奏。

少し控えめにオルガンのソロが入りますね。

これが、大好きなんですよ。さすがヤマタツ。。

懐かしさと優しい悲しさを表現するにはマジでぴったんこカンカンですよ。

終わったことなんですよー。もう思い出になったことなんですよー。って柔らかく語りかけてくるように聴こえますね。私には!ww


これがストリングスになってみてくださいよ。一気に感動狙ってる感MAXになってるよwww←


これが私が竹内まりやバージョンをすごく好きな理由ですね。

薬師丸バージョンの間奏はハーモニカだったので。



薬師丸ひろ子の澄んだコーラス!

後奏で高い声の「ラララ〜」というコーラスが入るのですが、これは薬師丸ひろ子さんのコーラスなんですよね。


そもそもこの楽曲は、薬師丸ひろ子さんの優しく語りかけるような歌い方に

すごくマッチしていると思うので、

薬師丸バージョンもすごく好きなのですが、

その薬師丸さんがまりやさんのセルフカバーに協力してくれるとは。。

ファンにはたまらないですね♪


コーラスでも薬師丸さんだとわかる、ほんといつ聴いてもミステリアスで魅力的な歌声です。。



そんな感じで好きなところをたくさん語ってしまったんですが、

ともかく今日は、この曲を始め

たくさんの名曲を生んでくれた竹内まりやさんと山下達郎さん夫婦に

感謝を告げたいです!!


心からありがとう!!!\(^o^)/笑



ではまた!



チェリーブラッサム(松田聖子)

こんにちは!

東京では桜が満開ということで、

今日は私の大好きな「桜にまつわる曲」をご紹介したいと思います!


松田聖子さんの

チェリーブラッサム」です!

1981年1月21日に発売されたこの曲。

作詞は三浦徳子さん、作曲は財津和夫さんです。

聖子ちゃんの曲は松本隆さんが書いているイメージが強いですが、

初期の曲は三浦徳子さんが手がけているんですよね。

そして作曲はは元チューリップの財津さん!^^


私はこの曲が聖子ちゃんの曲の中で一番好きです。

これから始まる松田聖子伝説を確固たるものにさせた曲だと思ってます笑


歌詞も、それにふさわしいんですよね。特にしょっぱな。何もかも目覚めますから。

この部分だけでもう歌詞は成功してると言っていいと思います←

いわば松田聖子・開眼の歌ですよね。。。


曲の方はというと…

もう、イントロから完璧。言うことなし。。

アドレナリンが放出するイントロですね。。

そしてメロディー。赤いスイートピーなどのように、特段聴かせどころのある部分があるわけではないんですが、

聖子ちゃんの声の伸びやかさを存分に発揮させる構成になってます。

そして!何と言っても間奏!

急に不安にさせるような旋律、広がりを感じるギター。

口ギターしたくなる曲ベスト10には確実にランクインします。。


そういえばマツコデラックスさんも、この曲が大好きだと前にテレビでお話してました。納得ですね。


しかし、「松田聖子 チェリーブラッサム」で検索すると、


松田聖子 チェリーブラッサム 嫌い」


のワードが一覧に出てくるんですね。

これは、この曲を嫌いな人が検索しているのではなく、

この曲を歌い始めたころの聖子ちゃん本人が、「大嫌いだった」と語っていることから来ていると思われます。

ノレない曲、みたいなことを言っていました。


たしかに先ほどお話ししたように、

この曲っていまいちどこがサビかわからないし、(笑)

曲のメロディー自体に「ここ!」っていう聴かせどころがあるわけじゃないんですよね。


実際に私もカラオケで歌ってみたんですが、笑

それほど歌っていて気持ちいい歌という訳ではないんですよね!←


しかし、聖子ちゃんが歌うと、ものすごく気持ちよく歌っているように聞こえる。不思議です。。


この曲のヒットには聖子ちゃん自身の素材の良さと、

疾走感を感じる曲調や雰囲気(とくにイントロ・間奏)の部分も大きいのかもしれませんね。

編曲を手がけているのは大村雅朗さん、超超ヒットメーカーですから、彼によるところがかなり大きいかもしれませんね。


大村雅朗さん特集も、そのうちやりたいですね。


今日は暖かいですね。チェリーブラッサムを聴きながらのお花見日和です!

それでは、また。




初恋(村下孝蔵)

今日ご紹介する一曲は、村下孝蔵さんの「初恋」です。

 

村下孝蔵さんは本当に好きで、紹介したい曲は沢山あるんですが、

まず最初の一曲としては「初恋」だろうということで、あえて彼の最大のヒット曲であるこちらをピックアップしました。

 

この曲がリリースされたのは1983年2月25日52.6万枚のヒットになりました。

50万枚以上を記録したにもかかわらず、音楽番組『ザ・ベストテン』での最高位は7位との事ですから、

当時の音楽のレベルの高さがわかりますよね。

ちなみに初恋がランクインした際に、他にどんな曲があったかというと、

 

「め組のひと」ラッツ&スター

天国のキッス松田聖子

時をかける少女原田知世

 

その他もろもろ…ですからいい時代ですよね。

ああ、一度でいいからタイムスリップしてみたい。

 

「初恋」に戻りますと、

こちらの作詞・作曲は共にご本人・村下孝蔵さん。

編曲は水谷公生さん。彼の曲のほとんどはこの水谷公生さんが編曲を行っています。

この曲は軽快で美しいメロディーライン切ない歌詞が共感を呼び、ヒットへと繋がりました。

 

歌詞だけを見るとすごく切なく、どちらかというと一見暗くも見えるのですが、

曲調はポップ。しかし胸にぐさりとくる歌詞を短調でさらりとまとめてしまっています。

 

料理でいうと、「オニオンスライスとアボカドのサラダ」って感じですかね。

たまねぎって、誰もが料理で使いやすい食材であるにもかかわらず、

生の状態で上手く調理できないとただただ辛くてまずいですよね。

 

題材にするのは容易なんです。 炒めたり、調理すれば辛くないし、アクセントになる。

あえて生の玉ねぎで表現した村下さんは、

それを口に残る辛さだけでは表現せず、

真逆の食感で、親しみのある食材のアボカドと合わせて調和させる。

 

ちなみに、Aメロの息継ぎの間のオルガンなんかが、とくにアボカド的役割を発揮していると私は考えています。

は?と思っても一度聴いてみてください(笑)

 

ん~すごい話ですよ。初恋って。

ほとんど誰もがする、事象としては平凡なことなのに、

誰にとっても特別ですからね。

作詞した村下さん自身も、ご本人の初恋の経験をもとにこの曲を作られたそうです。

 

 誰の胸にも、校庭で走っていたあの子を好きになった季節を思い出させる

本当に素敵な曲ですね。

 

ただ、大変個人的なことで申し訳ないのですが、

村下さんの曲はフェードアウトで終わる曲がとても多くて…。

 

歌番組でやっているような終わり方でいいので、

スッキリ「ここで終わり!」とわかるような終わり方をしてほしかったなあと。

これは村下さんの曲に限らず

私がどのフェードアウトの曲に対しても思っていることです><

 

でも、初恋は誰の胸にもずっと残っているもので

忘れられない人もざらにいるくらいですから、

フェードアウトのほうがしっくりくると思うのかもしれないです。私がもう少し大人になったら、

年齢によって聴く曲の感じ方も変わりますから、

私もこの曲はいつになっても聴きつづけていきたいと思います♪

 

 

それではまたー。

十戒(中森明菜)

今日は記念すべき1つ目のご紹介です。

この一曲は私にとってものすごく大事な一曲です。

一時期昭和歌謡というか、音楽そのものから離れていた私を

一瞬にしてこの世界にいざなった曲です。

わずか3分間のYoutube動画。その中で私はこう変わりました。

 

中森明菜ちゃんってこんなに可愛かったんだ~」

   ↓

「なんだカッコイイぞこれ…明菜ちゃんなんて反るんだ…」

   ↓

「曲もくっそかっこいいな…」

   ↓

「歌詞もいいよ…ツッパってんな…」

   ↓

(イライラするわの魔法)

   ↓

「抱いて!!!一生ついていきます!!」

 

…といった具合で、3分間でオチました。

 

 

あんまり好きすぎて、

明菜ちゃんに出会った翌年のハロウィンで、

十戒ファッションをしました(o_o)笑

 

上の洋服はハイネック気味のノースリーブ

これがなかなか見つかりませんでした。見つけた時はうれしかったですね。

下のスカートは黒のロングチュールスカート

靴はヒール高めの黒のショートブーツ。こういうものは年代問わず流行っていて見つけやすいからいいですね(笑)

手袋十字架のネックレスも付けました。

そしてヘアスタイルも…

聖子ちゃんカット発祥の店と言われるお店が東京のど真ん中・四ツ谷にありまして、

そこならやってもらえるだろうと乗り込みました。

お店の外観写真をみると、めちゃくちゃおしゃれなおっきなお店ですよ。

そりゃ四ツ谷だもん、、、負けない。決めたから!!!

そして美容室予約当日。

「これにしてください!!」とYoutube十戒のキャプチャ画像www

こんなマンガみたいなことをやったのは初めてでした。。。

最初はお兄さん(30代くらい)もびっくりしていましたが、やはり「聖子ちゃんカット発祥」というのはご存知でしたので、

素晴らしい手つきでやってくださいました!

なかなかそのカットができる人は今となると多くないとか、

できてもすごく下手だったりするらしいんですが、

さすが発祥の地の美容師さん。やってくださいましたよちゃんと。

ただ、お金がなくて(笑)パーマはできなかったので、

ブローで何とか頑張る、ということでハロウィン当日も頑張ってブローしました。

やっぱり一朝一夕にはできないですね。むずかしい。もっと練習しておけばと当日思いました。

でも、その年代の方とすれ違うと

「あっ十戒だ!!!」とか

「明菜ちゃんだ!私も好きだったの!」とか話しかけてくれて、

とっても嬉しかったです^^

ルックはかなり似せられたんじゃないかと思います。。

 

しかし…どんなにベルトをきつくしても

明菜様のようなウエストにはならず、、、(むしろ強調されて悲惨なことにwww)

どんだけ細いんだアンタ…(言い訳)

 

カーヴィーダンスでもやっておけば良かったな、、、←

 

ということで、明菜ちゃんルックをする方は腹回りにお気をつけて!!!(笑)

また次回!

 

私がなぜ昭和歌謡にハマったか。

こんにちは!

生まれ以外はすべて昭和な平成生まれの20代です。

このブログでは、

いいな♡と思った

最近ハマっているアーティスト

収集した昭和グッズ

訪れたあの歌手ゆかりの地などを紹介していきたいと思います。

 

では、簡単にですが筆者の昭和歌謡をご紹介します!(敬称略)

 

 

***胎教***

この世に表出する前。妊娠8か月で井上陽水のコンサートへ。

生を受けて初めてのライブ参戦(洗脳とも言う)

 

***小学生1~3年***

当時流行に流行っていたモーニング娘にははまらず、メンバーの名前もわからなかった。

知らないせいで周りがしらけるのも悪いので、「好きなメンバーは?」と聞かれたときのために保田圭の名前だけ覚えていた。そう答えると逆に変わり者がられた。

 

***小学生4~6年***

毎週火曜日にやっていた「NHK歌謡コンサート」を母が見ていたこともあり、演歌にはまる。

「兄弟船」(鳥羽一郎)「津軽海峡冬景色」「天城越え」(石川さゆり)「舟歌」(八代亜紀)「北の宿」(都はるみ等々、ミーハーなものから攻めていく。

 <転機>

小学4年生の時、親戚の集まりの際にたまたま家にカラオケセットがあったこともあり、酔っぱらった親戚のオジサンたちに「歌え~!」とそそのかされ、ここぞとばかりに「高校三年生」(舟木一夫を披露。

まさかそう来るとは思っていなかったオジサンたち。ちょうど世代だったこともあり、割れんばかりの大喝采を浴びる。

この経験に恍惚(エクスタシー)を感じ、昭和歌謡を調べはじめる。

 

***中学生***

中学生になり、昭和歌謡だけでなく60~90年代J-POPと幅広く興味を持ち始める。最もハマったのは尾崎豊(中学2年生の時)周りの大人からすれば相当イタかったと思う。厨二で尾崎。破壊力抜群である。

そのほか、当時ZOKKON命(ラブ)だった先輩への思いを松任谷由実の楽曲に馳せ、それを友人にゴリ押しするなど、金太郎飴のようにどこを切ってもイタい中学生であった。

 

***高校生***

中学3年生の受験期に徳永英明レイニーブルーをテレビでたまたま聴き、鷲掴みにされる。
出ているテレビや雑誌の切り抜きなども大事にとっておき、着信音も待ち受けも全て徳さん。初めてドハマリした歌手だった。
高校2年生の時初めてコンサートに行き放心状態。

 

***大学生***

再び強く昭和歌謡に魅せられる。
落ち込んで放心状態の中でたまたま耳にしたのが中森明菜「十戒」
夜通しYOUTUBEを聴きあさり、鏡の前で振り付けの練習をした。

そこから改めて60~90年代J-POPをとにかく何でも聴き漁る。

そんな中河合奈保子ファン」「山口百恵ファン」等と運命的な出会いを果たし、連日カラオケに行く。
内輪で盛り上がるだけでなく、同じ趣味を持つ人ともっとつながりたいということから、サークルも発足。
また、サークルで活動していくうちに光GENJIと出会う。現在では筆者が最も入れ込んでいるアーティストである。
歌は下手だがそのダンスのクオリティの高さ、あの年代の少年しか醸し出せない繊細な雰囲気と作詞作曲とひたむきに歌う姿にZOKKON命(再)。

 

***現在***

会社員として勤める傍ら、各地の昭和歌謡バー昭和の歌手ゆかりの地巡りなどを趣味として日々生き永らえている。

 

 といった具合!で、いかに私がイタイ人生か、昭和歌謡に魅せられているかお分かりいただけたであろうか…。

もちろんまだまだ勉強中ですので、「その情報間違ってるよ!!」「ひっこめ!!」「イタイぞ!!」等々のコメントお待ちしております!嘘です。優しいコメントください。

そんな感じで、日々いいなと思った昭和ハートフルなものをばしばし紹介していこうと思いますので

よろしくお願いします^-^