読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成生まれの昭和好きブログ。

生まれが平成であるという以外は全部昭和でできている。特に好きなアーティストは光GEMJI、中森明菜、井上陽水、西城秀樹、德永英明…挙げ切れない!言い尽くせない思いと今も息づく昭和な曲、場所やグッズをどんどん載せていきます。

初恋(村下孝蔵)

今日ご紹介する一曲は、村下孝蔵さんの「初恋」です。

 

村下孝蔵さんは本当に好きで、紹介したい曲は沢山あるんですが、

まず最初の一曲としては「初恋」だろうということで、あえて彼の最大のヒット曲であるこちらをピックアップしました。

 

この曲がリリースされたのは1983年2月25日52.6万枚のヒットになりました。

50万枚以上を記録したにもかかわらず、音楽番組『ザ・ベストテン』での最高位は7位との事ですから、

当時の音楽のレベルの高さがわかりますよね。

ちなみに初恋がランクインした際に、他にどんな曲があったかというと、

 

「め組のひと」ラッツ&スター

天国のキッス松田聖子

時をかける少女原田知世

 

その他もろもろ…ですからいい時代ですよね。

ああ、一度でいいからタイムスリップしてみたい。

 

「初恋」に戻りますと、

こちらの作詞・作曲は共にご本人・村下孝蔵さん。

編曲は水谷公生さん。彼の曲のほとんどはこの水谷公生さんが編曲を行っています。

この曲は軽快で美しいメロディーライン切ない歌詞が共感を呼び、ヒットへと繋がりました。

 

歌詞だけを見るとすごく切なく、どちらかというと一見暗くも見えるのですが、

曲調はポップ。しかし胸にぐさりとくる歌詞を短調でさらりとまとめてしまっています。

 

料理でいうと、「オニオンスライスとアボカドのサラダ」って感じですかね。

たまねぎって、誰もが料理で使いやすい食材であるにもかかわらず、

生の状態で上手く調理できないとただただ辛くてまずいですよね。

 

題材にするのは容易なんです。 炒めたり、調理すれば辛くないし、アクセントになる。

あえて生の玉ねぎで表現した村下さんは、

それを口に残る辛さだけでは表現せず、

真逆の食感で、親しみのある食材のアボカドと合わせて調和させる。

 

ちなみに、Aメロの息継ぎの間のオルガンなんかが、とくにアボカド的役割を発揮していると私は考えています。

は?と思っても一度聴いてみてください(笑)

 

ん~すごい話ですよ。初恋って。

ほとんど誰もがする、事象としては平凡なことなのに、

誰にとっても特別ですからね。

作詞した村下さん自身も、ご本人の初恋の経験をもとにこの曲を作られたそうです。

 

 誰の胸にも、校庭で走っていたあの子を好きになった季節を思い出させる

本当に素敵な曲ですね。

 

ただ、大変個人的なことで申し訳ないのですが、

村下さんの曲はフェードアウトで終わる曲がとても多くて…。

 

歌番組でやっているような終わり方でいいので、

スッキリ「ここで終わり!」とわかるような終わり方をしてほしかったなあと。

これは村下さんの曲に限らず

私がどのフェードアウトの曲に対しても思っていることです><

 

でも、初恋は誰の胸にもずっと残っているもので

忘れられない人もざらにいるくらいですから、

フェードアウトのほうがしっくりくると思うのかもしれないです。私がもう少し大人になったら。

 

年齢によって聴く曲の感じ方も変わりますから、

私もこの曲はいつになっても聴きつづけていきたいと思います♪

 

 

それではまたー。

十戒(中森明菜)

今日は記念すべき1つ目のご紹介です。

この一曲は私にとってものすごく大事な一曲です。

一時期昭和歌謡というか、音楽そのものから離れていた私を

一瞬にしてこの世界にいざなった曲です。

わずか3分間のYoutube動画。その中で私はこう変わりました。

 

中森明菜ちゃんってこんなに可愛かったんだ~」

   ↓

「なんだカッコイイぞこれ…明菜ちゃんなんて反るんだ…」

   ↓

「曲もくっそかっこいいな…」

   ↓

「歌詞もいいよ…ツッパってんな…」

   ↓

(イライラするわの魔法)

   ↓

「抱いて!!!一生ついていきます!!」

 

…といった具合で、3分間でオチました。

 

 

あんまり好きすぎて、

明菜ちゃんに出会った翌年のハロウィンで、

十戒ファッションをしました(o_o)笑

 

上の洋服はハイネック気味のノースリーブ

これがなかなか見つかりませんでした。見つけた時はうれしかったですね。

下のスカートは黒のロングチュールスカート

靴はヒール高めの黒のショートブーツ。こういうものは年代問わず流行っていて見つけやすいからいいですね(笑)

手袋十字架のネックレスも付けました。

そしてヘアスタイルも…

聖子ちゃんカット発祥の店と言われるお店が東京のど真ん中・四ツ谷にありまして、

そこならやってもらえるだろうと乗り込みました。

お店の外観写真をみると、めちゃくちゃおしゃれなおっきなお店ですよ。

そりゃ四ツ谷だもん、、、負けない。決めたから!!!

そして美容室予約当日。

「これにしてください!!」とYoutube十戒のキャプチャ画像www

こんなマンガみたいなことをやったのは初めてでした。。。

最初はお兄さん(30代くらい)もびっくりしていましたが、やはり「聖子ちゃんカット発祥」というのはご存知でしたので、

素晴らしい手つきでやってくださいました!

なかなかそのカットができる人は今となると多くないとか、

できてもすごく下手だったりするらしいんですが、

さすが発祥の地の美容師さん。やってくださいましたよちゃんと。

ただ、お金がなくて(笑)パーマはできなかったので、

ブローで何とか頑張る、ということでハロウィン当日も頑張ってブローしました。

やっぱり一朝一夕にはできないですね。むずかしい。もっと練習しておけばと当日思いました。

でも、その年代の方とすれ違うと

「あっ十戒だ!!!」とか

「明菜ちゃんだ!私も好きだったの!」とか話しかけてくれて、

とっても嬉しかったです^^

ルックはかなり似せられたんじゃないかと思います。。

 

しかし…どんなにベルトをきつくしても

明菜様のようなウエストにはならず、、、(むしろ強調されて悲惨なことにwww)

どんだけ細いんだアンタ…(言い訳)

 

カーヴィーダンスでもやっておけば良かったな、、、←

 

ということで、明菜ちゃんルックをする方は腹回りにお気をつけて!!!(笑)

また次回!

 

私がなぜ昭和歌謡にハマったか。

こんにちは!

生まれ以外はすべて昭和な平成生まれの20代です。

このブログでは、

いいな♡と思った

最近ハマっているアーティスト

収集した昭和グッズ

訪れたあの歌手ゆかりの地などを紹介していきたいと思います。

 

では、簡単にですが筆者の昭和歌謡をご紹介します!(敬称略)

 

 

***胎教***

この世に表出する前。妊娠8か月で井上陽水のコンサートへ。

生を受けて初めてのライブ参戦(洗脳とも言う)

 

***小学生1~3年***

当時流行に流行っていたモーニング娘にははまらず、メンバーの名前もわからなかった。

知らないせいで周りがしらけるのも悪いので、「好きなメンバーは?」と聞かれたときのために保田圭の名前だけ覚えていた。そう答えると逆に変わり者がられた。

 

***小学生4~6年***

毎週火曜日にやっていた「NHK歌謡コンサート」を母が見ていたこともあり、演歌にはまる。

「兄弟船」(鳥羽一郎)「津軽海峡冬景色」「天城越え」(石川さゆり)「舟歌」(八代亜紀)「北の宿」(都はるみ等々、ミーハーなものから攻めていく。

 <転機>

小学4年生の時、親戚の集まりの際にたまたま家にカラオケセットがあったこともあり、酔っぱらった親戚のオジサンたちに「歌え~!」とそそのかされ、ここぞとばかりに「高校三年生」(舟木一夫を披露。

まさかそう来るとは思っていなかったオジサンたち。ちょうど世代だったこともあり、割れんばかりの大喝采を浴びる。

この経験に恍惚(エクスタシー)を感じ、昭和歌謡を調べはじめる。

 

***中学生***

中学生になり、昭和歌謡だけでなく60~90年代J-POPと幅広く興味を持ち始める。最もハマったのは尾崎豊(中学2年生の時)周りの大人からすれば相当イタかったと思う。厨二で尾崎。破壊力抜群である。

そのほか、当時ZOKKON命(ラブ)だった先輩への思いを松任谷由実の楽曲に馳せ、それを友人にゴリ押しするなど、金太郎飴のようにどこを切ってもイタい中学生であった。

 

***高校生***

中学3年生の受験期に徳永英明レイニーブルーをテレビでたまたま聴き、鷲掴みにされる。
出ているテレビや雑誌の切り抜きなども大事にとっておき、着信音も待ち受けも全て徳さん。初めてドハマリした歌手だった。
高校2年生の時初めてコンサートに行き放心状態。

 

***大学生***

再び強く昭和歌謡に魅せられる。
落ち込んで放心状態の中でたまたま耳にしたのが中森明菜「十戒」
夜通しYOUTUBEを聴きあさり、鏡の前で振り付けの練習をした。

そこから改めて60~90年代J-POPをとにかく何でも聴き漁る。

そんな中河合奈保子ファン」「山口百恵ファン」等と運命的な出会いを果たし、連日カラオケに行く。
内輪で盛り上がるだけでなく、同じ趣味を持つ人ともっとつながりたいということから、サークルも発足。
また、サークルで活動していくうちに光GENJIと出会う。現在では筆者が最も入れ込んでいるアーティストである。
歌は下手だがそのダンスのクオリティの高さ、あの年代の少年しか醸し出せない繊細な雰囲気と作詞作曲とひたむきに歌う姿にZOKKON命(再)。

 

***現在***

会社員として勤める傍ら、各地の昭和歌謡バー昭和の歌手ゆかりの地巡りなどを趣味として日々生き永らえている。

 

 といった具合!で、いかに私がイタイ人生か、昭和歌謡に魅せられているかお分かりいただけたであろうか…。

もちろんまだまだ勉強中ですので、「その情報間違ってるよ!!」「ひっこめ!!」「イタイぞ!!」等々のコメントお待ちしております!嘘です。優しいコメントください。

そんな感じで、日々いいなと思った昭和ハートフルなものをばしばし紹介していこうと思いますので

よろしくお願いします^-^