読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平成生まれの昭和好きブログ。

生まれが平成であるという以外は全部昭和でできている。特に好きなアーティストは光GENJI、中森明菜、井上陽水、西城秀樹、德永英明…挙げ切れない!言い尽くせない思いと今も息づく昭和な曲、場所やグッズをどんどん載せていきます。

私がなぜ昭和歌謡にハマったか。

こんにちは!

生まれ以外はすべて昭和な平成生まれの20代です。

このブログでは、

いいな♡と思った

最近ハマっているアーティスト

収集した昭和グッズ

訪れたあの歌手ゆかりの地などを紹介していきたいと思います。

 

では、簡単にですが筆者の昭和歌謡をご紹介します!(敬称略)

 

 

***胎教***

この世に表出する前。妊娠8か月で井上陽水のコンサートへ。

生を受けて初めてのライブ参戦(洗脳とも言う)

 

***小学生1~3年***

当時流行に流行っていたモーニング娘にははまらず、メンバーの名前もわからなかった。

知らないせいで周りがしらけるのも悪いので、「好きなメンバーは?」と聞かれたときのために保田圭の名前だけ覚えていた。そう答えると逆に変わり者がられた。

 

***小学生4~6年***

毎週火曜日にやっていた「NHK歌謡コンサート」を母が見ていたこともあり、演歌にはまる。

「兄弟船」(鳥羽一郎)「津軽海峡冬景色」「天城越え」(石川さゆり)「舟歌」(八代亜紀)「北の宿」(都はるみ等々、ミーハーなものから攻めていく。

 <転機>

小学4年生の時、親戚の集まりの際にたまたま家にカラオケセットがあったこともあり、酔っぱらった親戚のオジサンたちに「歌え~!」とそそのかされ、ここぞとばかりに「高校三年生」(舟木一夫を披露。

まさかそう来るとは思っていなかったオジサンたち。ちょうど世代だったこともあり、割れんばかりの大喝采を浴びる。

この経験に恍惚(エクスタシー)を感じ、昭和歌謡を調べはじめる。

 

***中学生***

中学生になり、昭和歌謡だけでなく60~90年代J-POPと幅広く興味を持ち始める。最もハマったのは尾崎豊(中学2年生の時)周りの大人からすれば相当イタかったと思う。厨二で尾崎。破壊力抜群である。

そのほか、当時ZOKKON命(ラブ)だった先輩への思いを松任谷由実の楽曲に馳せ、それを友人にゴリ押しするなど、金太郎飴のようにどこを切ってもイタい中学生であった。

 

***高校生***

中学3年生の受験期に徳永英明レイニーブルーをテレビでたまたま聴き、鷲掴みにされる。
出ているテレビや雑誌の切り抜きなども大事にとっておき、着信音も待ち受けも全て徳さん。初めてドハマリした歌手だった。
高校2年生の時初めてコンサートに行き放心状態。

 

***大学生***

再び強く昭和歌謡に魅せられる。
落ち込んで放心状態の中でたまたま耳にしたのが中森明菜「十戒」
夜通しYOUTUBEを聴きあさり、鏡の前で振り付けの練習をした。

そこから改めて60~90年代J-POPをとにかく何でも聴き漁る。

そんな中河合奈保子ファン」「山口百恵ファン」等と運命的な出会いを果たし、連日カラオケに行く。
内輪で盛り上がるだけでなく、同じ趣味を持つ人ともっとつながりたいということから、サークルも発足。
また、サークルで活動していくうちに光GENJIと出会う。現在では筆者が最も入れ込んでいるアーティストである。
歌は下手だがそのダンスのクオリティの高さ、あの年代の少年しか醸し出せない繊細な雰囲気と作詞作曲とひたむきに歌う姿にZOKKON命(再)。

 

***現在***

会社員として勤める傍ら、各地の昭和歌謡バー昭和の歌手ゆかりの地巡りなどを趣味として日々生き永らえている。

 

 といった具合!で、いかに私がイタイ人生か、昭和歌謡に魅せられているかお分かりいただけたであろうか…。

もちろんまだまだ勉強中ですので、「その情報間違ってるよ!!」「ひっこめ!!」「イタイぞ!!」等々のコメントお待ちしております!嘘です。優しいコメントください。

そんな感じで、日々いいなと思った昭和ハートフルなものをばしばし紹介していこうと思いますので

よろしくお願いします^-^